化粧崩れ対策にはスキンケアと下地が重要

朝きれいにメークをしたつもりでも、午後になって鏡を見ると崩れてしまっていることがあるでしょう。
メイクがどのような状態になっているか、本人は鏡を見なくては確認することができません。
他の人には気づかれていたのに自分だけがわからないものですから、鏡を見て恥ずかしい思いをすることもあるのではないでしょうか。
化粧が最も崩れやすいのはTゾーンでしょう。
特に鼻は皮脂の分泌が活発なので、ファンデーションが落ちてしまいやすく、毛穴がかえって目立つこともあります。
できるだけ化粧が長持ちするようにするためには、スキンケアでお肌をしっかり整えておくのがよいでしょう。
つけたてのファンデーションの美しさをできるだけキープするためには、お肌の乾燥を防ぐようにしっかり保湿するようにしましょう。
また、皮脂でファンデーションが崩れやすい人は、汗や皮脂に強いタイプの下地を使うようにしましょう。
下地によって化粧のもちがよくなりますので、ファンデーションが落ちやすい人は、下地を見直してみてはいかがでしょうか。

化粧崩れを防止する方法とは

化粧崩れの原因は、肌の乾燥にあります。
乾燥していると肌が潤いを保とうと余分に油分を出してしまい、これがファンデーションと混ざることによって、ファンデーションが落ちてしまいます。
また、元々乾燥している肌にファンデーションはしっかりと密着しないため、落ちやすくなっている状態なのです。
改善するためには、メイクを始める前のスキンケアが重要です。
たっぷりの化粧水を優しくパッティングしながら肌に浸透させていきましょう。
尚、肌に浸透させる前に乳液などを塗っていくことも崩れの原因となりますので、時間が無くてもスキンケアだけはなるべく時間を割くようにしてください。
また、化粧下地は必ず使用するようにしましょう。
下地を塗ることによって、ファンデーションのノリや持ちを良くなるだけでなく、下地である程度のシミやシワを隠すことができるのでファンデーションの厚塗りを防止することもできます。
それでも化粧崩れを起こす場合は、日頃の洗顔方法を改めたり、毛穴ケアやフェイスパックを定期的に取り入れてみることをおすすめします。

pickup

相続を神戸で行う

Last update:2018/2/9

Copyright (c) 2015 by make-up. All rights reserved.