女性と男性の化粧

昔は女性に限らず男性も化粧をしていました。
今から四百五十年前の戦国時代の織田信長は女踊りをした事が有名です。
又、江戸時代では歌舞伎の女形も同じです。
当然ながら特に公家や武家の女性は化粧をしていました。
現在では女性が主流となっています。
一番眼を引く所はルージュの唇です。色鮮やかなリップはやはりローズの赤です。その他にピンク、オレンジ等があります。
唇全体赤一色にされている方がいますが、チャーミングな塗り方はピンク、オレンジで薄く全体に塗ってから赤で中央部分に上塗りをしますと、とても映えます。
もう一つは目元です。まつ毛が短い方は付けまつ毛を利用します。一重の方は二重にしますと顔全体が、よりチャーミングに成ります。
男性でも化粧をする方が増えて来ています。
主に口紅を利用しています。
目的は二つがあります。
一つは唇の血色がよく無く荒れているので、その対応をする為に。
もう一つは目的その物が化粧をする事です。
女性の様に綺麗になりたいと言うよりも、昔の人と同様に人間が本来持っている化ける、変わると言う事です。
薄色の口紅を使用している方もいますが、赤色を使用している方も多くいます。
社会的にも受け入れられていますので良い傾向です。

時代遅れの化粧になっていない?

化粧品を購入するつもりで化粧品コーナーでメイクをしてもらう機会や、百貨店内で行われるメイクレッスン受講の機会がないと、長年自己流のメイクが定着しがちです。
いつも新商品にアンテナ張り巡らせている方、メイクが好きな方はチャレンジ精神旺盛ですが、子育て忙しい30代以降になってくると疎遠になり、ハッと気付くと時代遅れのメイクになっていたり、またはメイク自体をしなくなってきたり、肌の衰えと共に意識が下がってきます。
自分の時間を少しずつ取れるようになると、またメイクをして出かけてみようという気持ちになり、張りのある生活を取り戻せます。
近所のゴミ出しすらもメイクをしてからという方もいらっしゃいますが、帽子やサングラスでごまかし一日すっぴんでいようと思えばできる人もいます。
仕事をしている人は、フルメイクでなくても眉毛と口紅だけという方もいるでしょう。
ファンデーションからしっかりメイクすることが必ずしも大事ではなく、まず肌のお手入れが何といっても重要です。
肌のキメ、乾燥によるシワ、吹き出物などお手入れ次第でファンデーションは必要ないかもしれません。
けれども口元が暗いと顔色が冴えませんので、薄いリップクリームだけでもツヤ感あり、印象度が全く違います。
そして眉のお手入れです。
形を整えるための毛先カット、薄さがあるところでアイブロウを描けば、失礼にはならない最低限のメイクです。
眉の細さ・太さは流行がありますが濃すぎず薄すぎずが無難でしょう。
アイライン・マスカラ・アイシャドウは凝ればキリがありません。
白・パール系をちょっとぼかすなどチャレンジしてみると今風になり、年代問わず新たな楽しみが生まれてきます。

check

トイレのつまりを東京で解決
契約書管理
品川八潮 歯科

最終更新日:2018/11/12

Copyright (c) 2015 by make-up. All rights reserved.